なんもわからん

さっき作った

For you! For みい!のみいって何なんだよ

ちょっと思いついたこと書こうとしたんだけどTwitterで説明すると長くなりすぎなので記事にしとこうと思った。
ここ好き!っていうだけなので内容はないです

というわけでRe:ステージ! ドリームデイズ♪SONG SERIES④ Personal Musicに収録されている長谷川みいのキャラソン、For you! For みい!の話である。
youtu.be

聴いてる?聴いてない、そう‥。多分どのサブスクでも聞けるから聞いてね…。適当にリンク貼っとくね…。

For you! For みい!

For you! For みい!

  • 長谷川みい(CV:空見ゆき)
  • アニメ
  • ¥250
music.apple.com
open.spotify.com
www.shazam.com


アニメだと第4話「もう終わりだみぃ」でみい先輩が秋葉の路上ライブで歌ってたやつですね、設定的にはおそらくみい先輩が一人で作詞作曲したんかな?って曲です。
AメロBメロサビ間奏BメロAメロって逆転してサビに行かずに間奏に入ってCメロAメロ(!)サビの構成が天才みたいな話でオタクが盛り上がってますけど、
ぼくは今日はこの曲の歌詞にある"みい"って何なんだよっていうことについて書こうと思います。個人の解釈なので本当にそういう意図で書かれた歌詞なのかは謎です。こうだったら面白くないですか!ってやつです。

みいって何なんだよはこの曲のテーマでもあるので曲中で死ぬほど説明が入ります。

まずイントロで「い・く・よ」の警報に対して「みい!みい!」の掛け声が入ります。ここにおける"みい”は単なるコール・掛け声(感動詞)でありながらかつ長谷川みいというアイドルの名前コールにもなっています。
一音で呼べる名前の強みですね。ふーん、いい名前じゃん。

次、Aメロです

みい はミラクルの みい
はミラーボールの みい
はドレミファソ 3番目の音

みい は自分のこと
みい は夢いっぱい 甘くて美味しいの
※ここ、あとから歌詞カード見たらみいの表記がかなり違ってて解釈も違ってたけど今回はすべて"みい"であるという前提で続けます

はい、一気に"みい"についての説明が出てきましたね。
まずミラクルのみいです。この時点ではみい=ミラクルである、つまりみい(一人称)はミラクルのみい(二つ名)であり私は奇跡を起こす存在であるという見方と、単純にドレミの歌パロディでミがつく頭文字を取った構成なのかどちらか判断できない部分があります。
次にミラーボールのみいです。1文目の最後の語尾のみいが2文目文頭のみいも兼ねます、いわゆる掛詞…って言っていいやつなんですかね…?ここで私はミラーボールらしい人物である、と形容詞である可能性を若干残しつつも(そうならばステージの上で輝く、などという意味が込められているのだろうか)十中八九は"ミ"ではじまる単語を並列して歌う構成だなということが予想できます。
そしてここからのドレミファソ3番目の音です。構成としては”ミは〇〇(ミからはじまる単語)のミ”でないという、完全に予想を崩されつつもどストレートにドレミの歌パロディが明かされるという予想を裏切る展開と予想が的中するという二面攻撃がかまされてオタクはやられた!となります。

さらに畳み掛けるように"ミは○○のミ"セオリーを崩した”みいは自分のことみい”の文章になりますが意味としては"ミは自分のこと(の)みいorMe"であり、のが省略されていると見ればギリギリ同じ構成で通ります、これは長谷川みいのみい、と英単語であるMeのダブルミーニングの面白さがあります。いい名前だな!一応”みいは自分のことみい(語尾のみい)"という解釈もでき、これでも掛詞構成が続きます。
そして最後、”みいは夢いっぱい”、これはドレミファソ~のときと同じく、ここまでの”みいは~のみい”、というみいに対する説明の構成から崩れたみいを一人称とした文章になります。前文(みいは自分のこと)でみいを自分と定義した上で続く文章となり自分は夢いっぱいである、の意味合いでなるほどとなりますが、続く"甘くて美味しいの"で若干甘くて美味しいは人間に対する形容詞として微妙では?”みい”は本当に自分(みい)であってたのか?という不安を残しつつもまあ長谷川みいは甘くて美味しいんだろうな、と保留したまま解釈します。
*1

といったようにこの単純で短い"みいは○○のみい”というフレーズの繰り返しにもかかわらずコロコロと表情を変えていく面白さ、予想を裏切る展開、面白いですね!


次にBメロ、"トロピカル気分常夏に負けないくらいに暑いよ"というフレーズでどうやら前文の"甘くて美味しい"は南国のフルーツに自分をなぞらえた表現だったということがわかり、続く"出来そうな気分弾むステップタンタタンどこまでいけるかな"のフレーズで前文の暑い、は心情を表しておりステップを踏むという明確な行為が出てきたことで一気に長谷川みいのイメージが固まってきます。


からのサビでAメロBメロでさんざん焦らしながら焦点をあわせた長谷川みいのイメージが爆発します。特に解説はしませんけどいいサビですよね。この次の文に入らないと前の文のイメージが固まらない構成、面白いですね。
解説しないって言ったけどやっぱ今書きながら聴き直してたら解釈思いついたからちょっとさせて

いっせーのせで飛んでもっと、腕をHighにHighに
断然その方が キラキラできるよ
そんなShiny Stage見せてあげる とびきり可愛く

いっせーのせで歌ってHot 声を大に大に Cuteが爆発だ
ウルウルしちゃうほど感情刺激
For you! For みい! 好きと好きが重なってく

"いっせーのせで飛んでもっと、腕をHighにHighに"はファンを煽るときの定型文であるのでこの文は長谷川みいを主語にしたファンに向けた指示の言葉で続く"断然その方がキラキラできるよ"は、普通はキラキラするのはアイドル=みいなのでキラキラできる対象はみいと考えるべきです。ただしここまでの流れを考えると、Aメロの"みいは〇〇"、"〇〇はみい"のくだりを徹底して脳内に刷り込んで(かつ擬似的に掛詞構成で自然に主語が省略されている)、Bメロで徹底的に主語、目的語となる"みい"を省略したことで、当然サビでも対象が省略されている場合それは"みい"である、と考えるべきかもしれません(歌詞で主語、目的語を省略するのは特別な効果を意図していない場合も多いが)。と考えると飛んで腕を上げてほしい対象はファンではなくみいである解釈するべきなのかもしれません。そうなるとこの文の視点は歌い手であるみいではなく、ファンの視点になっているという二重の解釈が可能になります。この意図はサビの最後で明らかになります。
続く"そんなShiny Stage見せてあげる とびきり可愛く"でここで視点はみい、見せてあげる対象はファン、とびきり可愛いのはは当然省略されているみい、あるいはShiny Stageにかかる形ではあるんですがこれ前文を踏まえると見せてあげる対象をみいにしても解釈が可能なんですよね、ファンが頑張ればShiny Stageをアイドルに見せることが可能になるわけです。お、これちょっと素敵な解釈じゃないですか?(自画自賛
で、続く”いっせーのせで歌ってHot 声を大に大に Cuteが爆発だ ウルウルしちゃうほど感情刺激"です、もうわかってきましたね、これもアイドルとファンの視点で二重解釈が可能です(ファンは歌わないけど…)。ウルウルしちゃうのはアイドルとファン両方なわけです。普通にみい視点の歌詞と考えたらここは歌ってとなるのは若干違和感のある言葉選びなきもしますが、ここで歌って、という単語にすると「(みいが)歌って(変化を表しステージ、ファンがHotになる)」と「歌って(ファンを主語にしたみいに歌ってという依頼)」の二重主語解釈が可能になります。

さてここで曲名でもあるFor you! For みい!のくだりがあってこの"For みい"は何度も出てきてる”Me”と”長谷川みい”の並列で、そこからyouとme(みい)の並列になっており、ファン(you)とアイドル(me)を示します。ここまでの二重構成説はオタクの妄想でしたが、ここでFor Youの文脈とFor みいの文脈が並列して同時に実際に出てきます。さて二重構成二重構成言ってたけど主語をファンとしてとったforみいの文脈が何を意味するかというとこれによりファンへ届ける(for You)長谷川みいというアイドルの素晴らしさを称える歌詞が長谷川みい(for みい)へ向けた歌詞になったことで長谷川みいへの自己肯定の応援歌に変化するんですよね。
そしてもう一つの解釈、For You!For me!のYouを長谷川実(ファン)、Meを長谷川みい(アイドル)、あるいは単にMeである長谷川実に捧ぐ歌として読んでみたらどうですか?長谷川実による長谷川みい賛歌になりませんか?あるいは長谷川みいによる長谷川実への応援歌になりませんか?
"好きと好きが重なってく"でここで2つのバラバラ視点だった歌詞が同時に存在することが許容され、ファンとアイドル同士の好きが重なることで効果を増大させる効果がありますし(1+1は20倍あるいは100万なので)、長谷川実と長谷川みいの好きが重なるって見方もできますよね、みい(Me)を好きになってくれ!という巨大感情ですね、何故なら長谷川みいは実在人物ではなくアイドルとして愛されるために生まれた仮想のペルソナなので…(いやもうみい先輩はみい先輩のほうが素なような気もしますが…)


さて言いたいこと大体言ったしで2番以降は雑に行きます。
2番前にも、警報からのみい連呼が入りますがここのみいでは様々な表情を見せています。飽きさせない工夫!
警報が入るからにはここオタクコールパートなんでしょうけどオタクもみいニュアンス再現するんですかね?


2番B、なんか急にマシュマロヘブンの話になってます。1番Bと同じく甘さのアピールですけどなんで急にマシュマロの話になったのかわからん…。マシュマロが好きだったから歌詞に入れたかったんですかね(雑)。
と思っていると続く”いつだってオープン 気になるならこっちおいで”、でどうやら客寄せをしているであろうことがわかります。
そう、これはアニメだと秋葉原の路上ライブで歌っていた曲です、初見を振り向かせるための曲でもあったのです。こうなると謎の甘さアピールの意味もようやくわかってきます、みい先輩にとって足を止めさせるもの=甘いものなんでしょうね、先に言ってくれ!いやあえて1番の既存ファンで盛り上げてから2番で新規ファンを集客するための構成…?策士!
さて曲コンセプトがわかってくる何故ここまでみいを連呼してたのもわかってきますね、不特定多数に向けた名前を覚えてもらうための自己紹介ソングだったんですねこれ…。いやキャラソンが自己紹介ソングを兼ねてるのは珍しくはないんですけどそこは原作設定を普通に拾ってくるんだ…。
ここまでの徹底して次文まで聴かないと前文の意味が通らない特殊な歌詞の作りもこうなると少しでも足を止めさせるための工夫なんじゃないかと思えてきますね。面白いな…。


続いての2番A(順番がおかしい)

みい はミネラルの みい
はミルクレープの みい
はミソ#シ EメジャーのRoot

みい は猫だったり
みい と会いに来て まだまだショウタイム

1番と同じ構成ではありますが"ミソ#シ EメジャーのRoot"でドレミの3番目の音から急に音楽のレベル上がってるのがツッコミどころで面白いですよね(もはやミ関係ないし)。
ていうかさっきの集客目的ワード出すって目的ならミルクレープはわかるけどミネラルをチョイスしたの何…人体に不可欠であるアピール…?
みいは猫ではないので単純に鳴き声(みいは可愛いものが大好きみい)、みいと会いに来ては普通に文章として通るのとみいと会う、とMeet(会う)をかけたダジャレですね、何でもありになってきましたね、面白い!


から間奏挟んでC

肩の力抜いて 指先まで意識
繰り返し続けて
ドキドキしちゃう景色を キミに見せたいから
まだ何回でもできる気がする

この歌詞の視点はfor youとfor meのどっちですか?"キミ"が意味するのはファンですか?みいですか?面白いですね。


そしてラスサビ前のAです

みい はミサイルの みい
はミートソースの みい
はここにいるみんなが大好き
みいについてきて
みいは歌って踊る
1番 かわいいの誰?

さて一転攻勢3文目でみいを一人称にした文が始まり、続けてみいについてきて、みいは歌って踊るとみいを主語、目的語とした文が続きます。
そして最後に1番かわいいのは誰?という疑問文です。ここまでしつこいぐらいにみいを形容する文をぶちこんでおきながら最後の最後で1番かわいいの対象を言わずに問いかける構成にシフトするのずるいですね、
当然期待される回答は"みい"と思われますが、ここでファンに"みい"と言わせることで、ファンによる他のみいコールも全て1番かわいいの意を内包した"みい"になるんだよな。ほんとか??

そしてラスサビ、歌詞としては最初のサビと同じなので特に言うことは有りませんが、最後に”ああ最高のStage”の1文が追加されています。
最後まで聴いてくれたかな?誰か足を止めてくれたのかな?for you、届きましたか?youとmeへの好きと好きは重なったかな?最高のStageだね…わかる…。


とこんな感じでしょうか、何いってんだオタク、完全に怪文書

終わり

*1:ここ、後からオタクに歌詞カード見せてもらったんですけどみいの部分が漢字表記の実だったのでみいは~であるの構成のままでした。実は甘くて美味しいの意になります…そして実(み)は当然みい先輩の本名である実(みのり)とのダブルミーニングでもありますね、わかるか!畜生いい名前だな!

たのしかったPカップのおもいで

1st Anniversary プロデューサーズカップ走りました。

f:id:hirobee_htn:20190427004030j:plain
Pカップ結果
結果は芹沢あさひ14位です。ファン数約3億ほど稼ぎました。
たのしかったです。(夏休みの日記赤点落第)

まあそれはそれとしてどんな流れで走ったかとかどんな思考でどんな編成で走ったかとかそういう自分を語るやつを備忘録的に書いていこうと思っています。
結構みんな走り方の情報隠してる感じだけどまあもう終わったイベだし次回はまた環境変わってるだろうしそもそもぼくのやり方手持ちでやりくりしただけだしあんまり参考にならんだろうし別にいいかなって感じで書いちゃいます。
例のごとくひたすらにクソ長いし読みにくいやつになってしまったけどたぶんみんなGWいろんなイベントで忙しいと思うんでいろんな待ち時間の暇つぶしにでも読んでくれたらいいんじゃないかな。

ぼくとアイドルマスターシャイニーカラーズ

いきなりどうでもいい思い出話からはじめます。次の章までPカップはじまらないので飛ばして良いやつです。ぼくはアイドルマスターシャイニーカラーズとはサービス開始前から因縁があってサービス開始日にはじめてたんですけど、2018年の6月11日以降一切ログインしてませんでした。

で、ガチャの加入日履歴から見た感じたぶん復帰したのが2019年3月12日っぽいです。TLで1stライブの話が盛り上がってて新規で始めてる人がたくさんいて、ふーんぼくも久々に復帰してワシも若い頃はこのゲームやってたんじゃよ面してやるかみたいな軽い気持ちでログインしたんですよね(オタク話に混ざりたがりがち)。Pカップ開始日が4月12日なのでちょうど復帰1ヶ月での参戦になります。
2018年の6月11日、わかる人はわかると思うんですけどオーディションの仕様に修正が入った日ですね。ぼくは修正前の自分の判定でCPUのアピール値を操作できるオーディションの仕様がめちゃくちゃ好きで、今思うとかなり"浅い"解釈なんですけど修正のパッチノート見てこんなの全部パフェ出すだけの運ゲーじゃねえかこんなんでLAが取れるかってキレてそのままログインしなくなったんですよね。ちょうどその頃ファッションドール甜花ちゃんのほぼ同性能上位互換みたいな身支度甜花ちゃんが他キャラを差し置いた理解できないタイミングで実装されて運営の調整能力に疑問を抱いてたのもあります。


で、軽い気持ちで起動したんですけどなんかグレフェス実装されてるし(当時はリハーサルしか無かった)ガチャ引くと新規カード引けるしでシナリオ読みたくなるじゃないですか。上から目線でほーん運ゲーになったゲームシステムでもプレイしてやるかみたいな感じで触ってたんですけどまあ負けるの嫌いなんでやれることはやっとこうって感じでアピール値計算とかしてLA取りに行くじゃないですか、そんな感じでやってるうちに気がつくんですよね、このゲーム、しっかり計算して考えたらまあ多少運要素あるにしろどの流行でもWING9割以上は勝てるように出来てるしそこまで運ゲーでもないな、もしかしてちゃんとプレイヤーの行動が想定して調整されているのでは?って。まあ実際んところ発揮値は6/11以前と変わってないんでそれはただの偶然だとは思うんですけど理由はなんにせよ勝てるようにはなってたわけですよ。んでちゃんと考えたら勝てるってわかってきたらそりゃゲームとして面白いもんで、手持ちのPのTRUEやらコミュやらをガンガン回収しつつもうおー、シャイニーカラーズおもしろ~!って現金にも思っていくわけですね。

maisankawaii.hatenablog.com
楽しすぎてこんな攻略記事を書いたりもしました。

そんな流れの中でニコ生でストレイライトのPVが流れピクニックイベントなり無料10連なりエイプリルイベなりファン感謝祭なりストレイライト実装されてふせったーにシナリオの長文お気持ち考察感想文を投稿したり新宿に広告が出れば見に行き秋葉に広告が出れば見に行きと怒涛の供給を消化してすっかりシャニマスのオタクに戻ってきてうお~はじめて歌姫勝てた!Sランクアイドルいけるやん!とかキャッキャしてたところに来た4/10。Pカップの告知です。(下のツイートは開始日のやつですが)

さてさて、くだらない前置きはここまで、Pカップがはじまります。

Pカップ告知~Pカップ開戦まで、戦いに備えようの巻

さてなんか新しいイベントがはじまったぞとは思ったもののランキング形式のいわゆる感動イベっぽいしガチ勢向けコンテンツでぼくには縁のないやつやろな、まあ無難に参加賞だけもらいますかねと思って流してたんですが、TLのシャニマスPたちの反応がどうにもおかしい。歴戦のソシャゲ廃人たちが地獄のイベントだの古戦場のほうがマシだの嫌だもうやりたくないだの運営無能気が狂ったのかだの、とてもソシャゲのいちイベントに対してのものとは思えない壮絶な反応ばかり。ほほーんこれはどうやら予想以上にヤバいやつらしいぞと思って調べてみたところまあ出るわ出るわ、とにかくイベ期間が長くて寝れない、課金でブーストができない完全暇人勝負、報酬があまりにもしょぼい、極めつけに前回より報酬枠が狭いなどの情報が。うーわ怖いランキングには絶対近寄らんとこって気持ちを固めつつも、とりあえず参加するからにはファン数を稼ぐプレイというもんを改めてちゃんと考えてみようということになりました。

アイドルマスターシャイニーカラーズにおいて、TRUE ENDを見る条件である50万人を超えたファン数稼ぎというものは基本的に意味がありません。一応Sランクや七彩メモリーズ、歌姫楽宴といった超高難易度オーディションをクリアすることで高確率でゴールドチケットが出る報酬枠や大量のSPが手に入るものの、それにしても何度もクリアするメリットはないし、あまりにも高難易度で下手するとスピアがいないはずの得意属性でも競り負けるという完全にサポートが育ちきった廃人向けの趣味コンテンツという印象しか有りませんでした。
とはいえPカップはファン数を稼ぐイベント、この高難易度オーディションに勝ち続ける方法を考える他ありません。まず方針としてはVi1極で行くことにしました。これは単純に他属性のサポートSSRを4凸していないというのもありますが、そもそも普段から1極得意属性でもTA勝てるか怪しい七彩や歌姫で中途半端に2極を作って手札事故起こしてTA落とす可能性を上げるのはリスクが高すぎるという判断です。先に述べたようにこの頃のぼくはようやくSランクアイドルを作り歌姫楽宴への挑戦権を得られるか得られないか微妙な線みたいなプレイをしていました。具体的に言うとシーズン3を使って十分に育てた上でTHE LEGENDの流行Vi2位は避けて1位と3位(3位TA+1位LA)のときだけ狙い、七彩メモリーズは2位と3位(3位TA+1位LA)、と歌姫楽宴にはVi2位のときだけに挑むというやり方です。(しかもこの超安全牌のやり方ですら七彩と歌姫は確率でTA負けるという恐怖の実感があった)

インターネットで他の人の歌姫周回の立ち回りを調べ、どうやら七彩メモリーズは流行にかかわらず流2スピアで勝ちにいけるらしいとの知見を得て、実際に試走してみたところこれがまあ負けることもあるけどそれなりに勝てるわけです。10万オデと20万オデ、ファン獲得数は2倍です。期待値としては50%以上勝てるなら七彩流2スピアでギャンブルする価値はあります。そして体感でこれは6,7割程度は勝てるなという実感がありました。これにより流行1位のときも2位スピアで七彩に挑戦しにに行けることがわかり、さらにあれだけ恐怖だった七彩に非スピアとはいえ勝てるのであればまあ5万オデで確実に勝ちにいってたTHE LEGENDの2位スピアCPUにも数字的に高確率で勝てるよな?という気付き。トントン拍子でプレイの見直しが進みます。プレイできない睡眠中、仕事中もひたすら脳内でシミュレートを繰り返しTAに必要なアピール値を計算、七彩流1や歌姫流1にも勝ちの目はあるとの確信。経験則から来ていた今までの自分の思い込みや常識が一瞬で崩れていく面白さ、このゲーム本当に楽しいぞ思っているうちにPカップ告知から2日間、Sランク取れるか取れないかといったレベルだったぼくは、ついには160万~230万アイドルを誕生できるまでに成長していました。

さて立ち回りの改善としてはこのような変遷がありましたが、編成にも試行錯誤がありました。まずここまでぼくの経験則からくる勝てない実感と実際試してみたら何故か勝てたという部分に特にサポートのレベルを上げたわけでもないのに大きな乖離があった理由としては、編成に最近追加されていた1枚のサポートアイドルの力が大きいです。
そのアイドルこそが、Pカップ直前まで開催されていたSSR確率2倍ガチャの限定目玉sSSR、【駅線上の日常】櫻木 真乃です

f:id:hirobee_htn:20190427152005j:plain
スキルパネルの並び、金バフ、上限突破、サポートスキル、ライブスキル、ステータスすべてが強い
さてこの限定真乃、はっきり言ってすべてが強いのですが特筆すべきは何故かオーディションにおいて金バフに相当する高倍率のパッシブスキルを2つ持っているところです。
確率こそ10%と低めですが、発動条件の緩さと発動回数で期待値としては十分すぎる性能です。また、ViDa2倍/ViDa20%UPのスキルは普通のプレイでVi極で等倍に使ってもヒーローインザパーク(3倍Vi20%)互換程度の性能(ぶっちゃけそれでも十分すぎるほど強い)ですが、歌姫周回は全ステータスがバランス良く上がる性質上Da2倍の威力も馬鹿になりませんしDa審査員を攻める状況も多いです。期待値としてはバフ分抜いても3倍を上回る威力が保証されていると考えても問題ないでしょう。
このときのぼくは基本的に最終型としてステータスVi600、2.5倍Viとこの駅線上4凸スキルの2種で戦う必要SP20+30+40+50+40+40+50=230を完成形として、さらに追加で余裕があればもう1つ4凸スキル(指先の煌き)を目指していくというスタイルで試走をしていました。

この真乃が加入するまでのぼくは、4凸SSRのスキルとして指先の煌めき咲耶を採用しており、その他のSPをすべて上限突破に回すというプレイングをしていました。(他に4凸SSRがおらず特にこの編成で困っていなかったため4凸SRを採用することもなかった)で、これでWING優勝、TRUEを回収する上で困ったことは一切無かったので金バフのありがたみを全く感じたことがなかったんですけど、まあ真乃を使って歌姫周回をやってくうちに七彩、歌姫やるなら金バフって強いなということに気がつくわけですね。この時点でのぼくの編成は指先咲耶、闇鍋摩美々、身支度甜花、駅線真乃(+階段灯織)とまあとにかく金バフがオーディション向けの性能でないサポートが採用されていたわけです。試走を兼ねてTRUE回収していく上で試しにPでViの金バフ(純真チョコレート智代子の40%/40%バフ)をとってみたところこれがまあ段違いに安定する。多少育成力が下がったとしても金バフをサポートに採用するべきだろうなという確信に至ります。

さてでは金バフ枠を採用する上で誰を取るか、選択肢としては手持ちが少なく実質的に虹待ち夏葉とヒーローインザパーク果穂の2択でしたが、まず純粋な問題としてトレーニングチケットの手持ちがほぼありません。一応レベル1~70まで上げる程度の在庫はありましたが、正直言って他のサポートもレベルが低いためあまり使いたくはない、果穂のレベルが60まで上がっていたことと、考えてるうちに無料10連でヒーローインザパーク果穂が3凸されたことも後押しし、一気にはづきさんを使って果穂4凸というビジョンも見えてきました。駅線真乃が入る以上トークマスタリーDaが腐ることもないです(トークに行く余裕があるかは別にして)。

f:id:hirobee_htn:20190427183917j:plain
デメリット付きなのもあって緩い条件と30%の発動率、Vi50%という強力な金バフ
ただこの果穂の弱点として、Viのステータスが非常に低くライブスキル札が弱いという点があり、まずゲスト採用という形にしました。スキルのとり方としては駅線上をストレートに取って、そのあとヒーローインザパークの金バフを取ります。上限突破でViステを500→600にした差など金バフの発動可否の前ではほぼ誤差でしょう。もはや捨てました。(捨てる過程で真乃のバフが1つ取れなくなりましたがそこは許容です)

ある程度トレチケを使ってレベルを70まで上げ、数回の試走を終えて特に問題はないでしょうとのことで編成はとりあえず決定。正直言って本当はハロー三峰を採用したかったのですが持ってないものは仕方ないです。

f:id:hirobee_htn:20190427184604j:plain
P枠はまだ未定
細かい調整については、最低限のファン数は稼げていると思ったので開戦後の後回しにしました。長い戦いになるので事前にあれこれ試すよりは戦いの中で必要になったものをのんびり学んでいけばよいでしょう。

唯一残った懸念としてPカップ当日にガチャ更新が入るためそこでPカップ適正の高いサポートアイドル、プロデュースアイドルが来る確率は高いと予想していました。
そのためガチャ更新を待ってPがあさひ、摩美々(この場合は闇鍋抜いてふれんど凛世にするつもりだった)、霧子あたり(今考えると摩美々霧子は完璧な読みでしたね)で強力なViアイドルであればそれをPとして採用して走ろうと考えていました。(復帰勢のため自由に使える無料石が多く新規アイドルを採用することでベテラン勢に多少有利がつけられるとの想定)
サポートについても同様、強力なViアイドルが来ることを期待していました。

ガチャ更新で何もなければ開戦後に果穂をはづきさんで4凸して60→70にして体力サポートを、闇鍋を70→75にあげてViマスタリーSPを上げるところまで決め打ちです。

最後にRのあさひを仕込み、ワクワクしながらPカップ開戦当日に備えて眠りにつきました。楽しみすぎてあんまり寝れませんでした。

Pカップ開戦!恐怖!トップ層のスピード!?

さて4月12日14:58 デスクでそわそわしながら仕事をしていたぼくはおもむろに席を立ちサボ…休憩に向かいました。
更新を繰り返しタイトル画面に出たのは摩美々!かわいい!すぐさま性能を確認して4凸で4.5倍持ちとかなり強力なViアイドルになることがわかりましたが微妙に癖が強いのと金バフがメンタルCUTで他バフも強いものの発動条件がよくわからず、そもそも摩美々は3倍Viという十分すぎるほど強いPSSRがいるからあまり有利にはならんなと思い直してスルー。サポートの夏葉はこれも歌姫周回向きの性能ではあるものの純粋Vo特化、ということでスルー、スルー…できずに摩美々がほしくて石が2万くらい消えたような気もしましたが特に異常はありませんでした。CLIMAX夏葉は2枚引きました。摩美々は引けませんでした。Pはあさひにしよう、そう決めました。

さて定時ダッシュに向けて仕事を高速で片付けつつ空いた手で情報収集していたところ、どうやらトップ層の稼ぐ速度が異常らしいとの情報が入ってきます。その速度、実に時速600万。単純計算として20分で歌姫周回を終えている計算になります。
初期の仕込みがあるとはいえまさかそれほど速いはずがない、ぼくはそう思いましたが事実としてその速度でファン数は増えています。歌姫周回におけるオーディション回数は雑誌編成でシーズン2のオデを飛ばしたとしても17回、1周230万。これは最高効率なのでこれを下回る方法がないことは確実です。ということはつまりオーディション1回を1分以内にこなしている、さてこれはなにかしら正攻法でない"テク"があるぞ。ぼくは確信しました。短縮の方法についてもいくつか仮説を立てました。あとあさひの私服がとてもかわいいという情報も重要でした。あさひの私服について考えながら仕事をばりばりこなしました。

まあ上位層の謎の速さについていろいろ思いついたことを検証するのは翌週の話になります、とりあえずまだぼくはぼくでマイペースに自分のできるやり方で稼がなくてはなりません。仕事を定時で終えクソのような地下鉄の回線で満員電車に押しつぶされながら40~50分ほどかけてSランクアイドルを作ります。さてここで問題が発生しました。試走を基本的にpSRでやっていたために、同じやり方でpRでやった際にメンタルが足りずに歌姫で2連続敗退という結果となったのです。メンタルをもう少し盛るべきなのでは?という考えに至ります。

これはまあ今考えると特別にメンタルが低すぎたというわけではなく単純に運が悪かっただけなのですが、着眼点はかなり良かった。この段階ではまだサポートのレベルが低くメンタルよりもViを上げるべき状況が多かったものの、サポートのレベルが上がるとViステはそれほど要らなくなるんですよね。
さらに何度かタコ千雪を入れてみたりと編成が迷走しつつも試走での歌姫周回がpSSR,pSRでの周回をもとにしたシーズン3開始までのメンタルは250程度でも問題ないとの判断から上方修正、シーズン3開始時に300はあったほうが結果的には良さそうだという判断に至ります。特にシーズン3でのメンタル死が減ったことで安定性はかなり上がりました。
さらにTHE LEGENDと七彩メモリーズの3位TA狙いを捨て、全て2位スピアにするようやり方を変えました。これはおそらく試走時ではレベルが足りずに不安定だった方法ですが、Pカップ開戦と同時にサポートのレベルを上げ、ヒーローインザパークの金バフが入ったことで比較的高確率で勝てるようになったやり方です。3位TAから2位TAに変わったことで、LAを逃しても勝てる可能性が高くなり、なにより思考時間を大分短縮できるようになりました。

そして編成としてはやはり階段灯織が必要でした。駅線スキルとヒーロー金バフがシーズン4開始時に最低限欲しいSPですが、まあこれが闇鍋の位置にかなり依存するため結構な率で足りなくなります。というわけで咲耶をOUTして果穂をゲストからメインに編成します。果穂のライブスキルは弱いですが、スキルを3つ取れば果穂のライブスキルを打つ必要はなくなるのでそこまで問題がないこともわかりました。抜くのはほぼ同じ性能の咲耶か甜花どちらかで悩みましたが、体力サポートの発動率が高い甜花を残すことにしました。階段灯織が入ったことで、真乃の2つ目のバフがシーズン4で終盤に開けられることも増え、歌姫の安定感を支えました。

f:id:hirobee_htn:20190428010100j:plain
歌姫周回編成といえばもはや鉄板の灯織です
そんなこんなで睡眠を数時間で抑えつつ走り続けたところ、気がつくと結構良い順位につけてました。

最終的にはここが最高順位でしたね。金曜午後スタートの土日なので社会人的には平日になったらここから下がるだけだろなとの実感はありました。

f:id:hirobee_htn:20190427205116j:plain
Pカップでチケットがぽろぽろ落ちるので各アイドルのレベルもカンストしました

ここにきてゲーム外でぼくを苦しめたのが指先の冷えでした。指先がまともに動かなくなってパフェが出せなくなり全然勝てませんでした。対策は特になく気分転換にシャワーを浴びまくることでなんとか突破しました。

やってきました新編成!採用されたのは夕町凛世!

さて楽しい土日も終わり平日です。仕事中はもちろんPカップを走れないので休憩時間になります。仕事をしながら反省点を考え、立ち回りや編成に改善点がないかを探り、帰宅後にそれを試す日々が続きます。

そんな中で思いついたのがこの編成です。

前途した編成に夕町凛世を刺した構成になります。Vi1極に1枚だけ刺されたVo。
設計思想としてはこうです。今までの編成はVi1極でかつ駅線上の真乃がいるためDaにもある程度安定した対応が可能となった。であればVoにも対応することで安定性を上げることができるのでは?
七彩メモリーズ2位スピアにおいてDa2位はVo2位よりCPUの行動パターン的に高難易度です。だからこそDaに対応できる真乃がいることで大分難易度が下がるわけですが、Vo2位も必ずしも勝てるわけではないし、パーフェクトを連続で出すことが要求されるためここを楽にできればかなりのメリットになります。また、未だに稀にシーズン3でVo1位のTAを逃す場合もあります。
Viスキルを3つ取ることで手札にVi札がなくなるという状況は発生しなくなるため、手札事故もシーズン4時点では基本的に起きません。
最終的にはVi札4枚、ViDa札2枚、Vo札1~2枚という編成になります。

サポートアイドルのレベルをカンストし、EXスキルでステータスの底上げが進んだことにより、このような別属性のサポートを入れるという"遊び"を挟んでもオーディションを十分抜けることが可能になっていました。
試走時点の低レベルサポートではまず成立しなかった編成でしょう。

f:id:hirobee_htn:20190427211745j:plain
ピン刺しでも輝く強力なサポートアイドルです
特筆すべきはオーディションマスタリーVo、階段灯織でオデマスの強さは嫌というほどわかっています。これのおかげでレッスンを1度もしなくてもシーズン4突入時にはVoが350程度まで成長しています。そしてラジオマスタリー体力、これもラジオの重要度が高い歌姫周回ではたすかるスキル、そして極めつけにとにかくステータスのVoが高い、Vo編成でなくともライブスキルの威力はピカイチです。(Pカップ中に凸が進んだためオデマスVoのレベルが16に上がっていますが編成時ではオデマスVoのレベルは10でした)

この編成はかなり安定して使いやすく、休憩日まで使われることになります。

つめるぞつめるぞ!時短の謎!

基本的にPカップ短距離走ではなく長距離走ですが、何度もやっていると慣れてくるし、プラチナ帯とも大分離されてゴールド帯は余裕だしとモチベーションが薄れてきたためそろそろ息抜きに時短を試みてみようという形になります。まず第一に確実に時短ができる方法として、雑誌編成があります。
これは雑誌連打でステータスを揃えることで、シーズン2の必要ファン数も同時に達成して、オーディションを受ける回数が減らせるというものです。

試走時にも何度かこの雑誌編成は試してみたのですが、TRUEで使う程度では特に問題ありませんでしたが歌姫周回になると安定せず、ほぼメンタルが不足してしまうという結果になりがちでした。
今なら行けるのでは?と試してみましたがやっぱり駄目でした。Viの数値は十分でしたがメンタルがあまりにも足りず、SPもギリギリ足りるか足りないかという状況です。行けなくはないという感じですがやはり無理してまでやるよりは数分程度のロスは許容したほうが絶対にいいなということになりました。

そのため雑誌編成はひとまず置いておき、その他の方法での時短を目指します。
さてここにきていざ上位勢の速さの謎の話になります。ぼくも長いこといろんなソシャゲをガチでやってるのでだいたいブラウザゲームにおける時短テクの方法は想像が付きます。
まずは副窓による並行操作です。ただしこれはシャニマスは一本道のため同時操作で有利になる部分がありませんし、オーディションを受けながらSPを振るなども対策されていてできません。
次にブックマークなどによるURL直接入力による演出スキップでの高速画面遷移、これも基本的には無理ですが更新、リロードで各種演出をSKIPすることが可能ということがわかりました。
そして最後に端末・PCスペック、強回線によるロード時間の短縮です。

さて、時短テクが見えてきましたが一応試す前にこれが利用規約的に問題ないかということは確認しておきます。昨今のブラウザゲームではこういうことはできてもやってはダメみたいなことが規約に書いてあったりして、知らずに試すとBANされたりということがあります。特にゲームシステム上にない不正な画面遷移を規約で禁止している場合は注意が必要です。

f:id:hirobee_htn:20190427221218j:plain
利用規約よりコピー

負荷をかける行為かとか不正にゲームを有利に進める行為かとかこじつけられると微妙ですがまあリロードは推奨ブラウザの想定動作で間違っても外部ツールではないですしこの程度で負荷になるわけもないしぱっと見はまず問題ないでしょうね。(ただし問題なさそうってだけでBANされても知りません、やるときは自己責任でお願いします)

さてリロードで速くなるのはわかりました、いざ試してみましょうとなり実際試して3分ほど時短はできたのですがどうにも上位勢ほど早くなりません。いや昔のPCならまだしも骨董品とはいえ腐ってもうちのゲーミングPCでそこまでスペック差が出るか?ということで設定をガンガン見直していきます。まず遅い部分、DNSキャッシュ解決が遅い、削除。これで1分早くなりました。次にChromeの設定見直します、いらない機能、無駄な通信・処理をしてそうな機能はすべて削除。早くなりそうな機能はガンガン試していきます。特にGPUによるレンダリング処理はまー早くなりそうだなって感じでした、実際にはいろいろいじりすぎてどれのおかげで早くなったのかもはやわからんですけどさらに1分縮まりました。一時ファイルの削除は特に効果ありませんでした。まだ足りねえなあってことでChrome以外の高速処理をウリにしているブラウザも試していきます。これはあんまり効果なし、結局Chromeが最速でした。

んでまあわりかしやることやってあとは回線かねえって気持ちになってたんですけど軽い気持ちで手持ちのiPhone8でリロードしてみたところ、これ下手するとPCより早いかもなということに気が付きます。
あれ?もしかしてやっぱり処理速度か?って思ってChromeデベロッパーツールで処理のボトルネックを調べてみたところ、やっぱCPU処理速度っぽい。マジかよ最近のiPhoneすげーなって顔になります。

さてどうせなら上位勢の端末はなんなのよって気になるところでスクショとか見てるとこれが驚くべきことに採用されてるのが2018年に出たばかりの新型iPad Pro使ってる人が結構いるっぽいんですよね。これはPCと違ってわかりやすい、外見見ただけでスペックがわかりますし。

んでちょっと調べてみたらこのiPad Pro、マジで速いんですよね、1世代前のiPad Proより90%の性能向上してるとかなんとか(まあ90%何が上がってるのかは素人なのでよくわかりませんが)で結論としては最新のゲーミングPCのCPUに匹敵する速度らしいっす(ホントかどうかはしらん)。これが10万かそこらで買えるならアホほど安いっすねまあそこまで速くなくても上位も使ってるみたいだし間違いはないでしょってことで休憩日に買いました。

流石にPCを新調ってなるといろいろめんどくさいしイベント中にやってられないですけどiPad Proなら店で買って即使えるんで楽ですね。第一世代のiPad Proを死ぬほど使い潰してるんでまあ腐ることもないでしょうって感じです。

んで結果です。


目に見えて全然違いますね、いやマジで速いなこれ!

最新のゲーミングPCとかならさらに速いんですかね、ちょっと試してみたいです。

はいんでどれだけ速いかってので何回か試してみたらすぐに20分切りも安定してきました。

せっかくなので動画もとりましたが画質がゴミなので雰囲気だけ見てください。(新端末で慣れてないのとエレぇでおたついてたので最終的にはさらに2分くらい縮まりました、回線いい場所で雑誌にして準決敗北したら15分乗れると思います)

ここからさらに短縮するとなると、パフェを捨てての最速ノーマルで抜ける部分を探して詰めていくことになると思います。
シーズン3とかがっつり短縮できたりしたりするんですかね?次回のPカップがあれば試してみたいです。

最終編成!やっぱりVi極がナンバーワン!

さて時短の謎もだいたい納得行くところまで確かめて、あとはのんびり走りつづけるだけです。
ぼくの興味はもはやファン数を稼ぐことよりもいかに首をいためずにiPadを操作するかということに集約され、いろんな高さの台に置いてみたり椅子や首枕を試してみたりといった謎の試行錯誤を繰り返していました。

そんな中で、先程の動画ではもう変わってましたが編成がちと変わり、果穂が抜けて咲耶に編成が戻りました。これはVo札が増えたことでヒーローインザパークのバフが微妙に腐る場合がでてきて単純に3.5倍のほうが使いやすくなったのと、これだけ走り続けてると結構いいExスキルが揃ってくるわけで、すべてViUPに変えてみたところもう金バフがなくても普通に勝てる領域まで来ており、それならもうステータス高い咲耶のほうが確実だなってなったわけです。

で、やっぱサポートのViが上がると目に見えてアピール値変わってくるなってなるわけで、えーじゃあもう普通に勝てるし凛世も抜いていいんじゃね?という発想に1周回って戻ってきます。Vi値が高いといえばみなさん大好きあのサポートです。もうおわかりですね、夕町凛世OUT、ふれんど凛世INです。

f:id:hirobee_htn:20190427233940j:plain
力こそパワーでおなじみのふれんど日和凛世
その他のEX構成はこんな感じです。
f:id:hirobee_htn:20190427234142j:plain
初期からお世話になりっぱなしの指先咲耶
f:id:hirobee_htn:20190427234214j:plain
育成における不動のGod Tier,闇鍋摩美々
f:id:hirobee_htn:20190427234323j:plain
既存のサポートを過去にした、これが限定、駅線上真乃

最後の1枚は階段灯織ですけどこれはなんか興味なかったんですげー雑にラジオ出現率と初期絆UPとかにしてた気がします。ぶっちゃけ初期絆はなくてもイベント2回だいたい発生するからいらんかった気がしますね、今思うと。

最終的にはベーシックなVi1極編成に戻ってきましたが、ここまでの紆余曲折はサポートのレベル、EXスキルに応じての最善手を選べてきたと思います。
シャニマス編成、少ない手持ちで70レベル~80レベルって結構狭い範囲でもこれだけ変わるんだからどれが正解とか絶対言えないじゃないですか、面白いですよね。まあ最終的にEXスキル並べて力が全てって結論になったんでみんな4凸して虹EX並べればいいと思いますけど。

EXといえば虹EX、結局3億稼いで初日に1つしかでませんでしたね。しかもあさひサポートの初期絆UPの虹とかいう絶妙に使い所がわからんやつでした。なんかいい感じのゲスト適正高いやつがきたら使えるかもしれませんね、もったいなくて使えなさそうですけど。

あ、Pカップはもう編成も速さも詰めて満足して順位も上も下も結構離れてたんで最後は手に入ったチケット使ってVo極編成作って3.5倍SR楽しい!!って叫んでました。チケットはなくなりました。
あと最後にまだこりもせず雑誌編成試してたんですけど千雪さんが80になったらかなり安定したんでやっぱこれサポート4凸レベルカンストしてる人向けの方法だなって思いました。ラジオ3回叩いて残り雑誌が大安定です、次回あったら試す。
もっといろんな編成作りたいので早く次のPカップはじまってトレーニングチケットをいっぱい出したいと思っています。マジでチケットがない。はやくあさひのpSRかpSSRください。おわり。

Vi極でWING準決勝を攻略するっす!の巻

 

いえーいみんな元気してるっすか!?

最近周りでWING勝てねえ!って言ってる人がちらほらいるんで

今日は初級者~中級者向けにWING準決勝の攻略法を解説するっす!!

今回はVi極で説明するけど2位狙いは他の属性もそんなに変わらんと思うので各自参考にするっす!

基本的に文字しか書かねーからわかりにくいと思うっす!

頑張って解読してほしいっす!

語尾がアレなのはすぐ影響される幼児なんで気にしないでほしいっす!

いくぜ!!!!

 

前提条件

略語的なやつはとりあえず書いとくけどわかんない単語あったら各自調べてほしいっす!

・1位、2位、3位=流行1位、流行2位、流行3位のこと(流1流2流3とも)

・TA、LA=トータルアピール、ラストアピール

・殴る=アピールするの隠語 

 

基本的にはぼくがやってるやり方を説明するけど、なんだかんだぼくの編成結構サポートのレベルあげちゃってるので初心者でもそれなりに行けるかなーくらいの感じのレベルでの攻略法もあわせて書いてくっす!

基本的には全部机上論で語るっす!全流行で2位狙いできることは確認してるっすけど実際に試してない立ち回りもいかにもそれっぽく語るんであんまり信用せず話半分に読んでほしいっす!

 

準決突入前に安定して勝つには最低限どんだけ育てろみたいな基準としては、こんな感じでどうすっかね!正直誰向けに書いてるのか全然わかんねから適当っす!

・Vi500

・VoDa200(別にあげる必要はないっす、だいたいこんくらいかなって感じっす)

・2~2.5倍以上のViアピールスキルが2つ以上

・2倍~2.5倍以上のViサポートアイドルのレベル50くらい、60あればなおよし

・メンタルそれなり(300あればいけんじゃないっすかね?)

 

サポートのレベル結構盛ったけどこんなにいらないとは思うっす、とりあえずVi500あって2.5倍持ってれば何でも勝てると思うっす!

 

 WING準決勝のライバルアイドルを理解する

データの話っす!攻略だけ知りたい人は飛ばすっす!

 

ライバルアイドル…まあCPUでいいっす、CPUのアピール相手と得意属性は毎回同じっす。

なので次のターンに誰がどの審査員にアピールするかは確定情報っす。これ知らないと損っす。

具体的に言うとこんな感じっす。

   赤色のシルエットが真乃に激似の子っす。

   得意属性はViっす。

   常に流行1位を狙うっす。流行1位が落ちたあとは流行2位を狙うっす。

  • アイドルB(以下灯織)

   水色のシルエットが灯織に激似の子っす。

   得意属性はViっす。

   流行1位→3位→2位と順番に狙うっす。

  • アイドルC(以下咲耶

   緑色のシルエットが咲耶に激似の子っす。

   得意属性はVoっす。

   流行3位→1位→2位と順番に狙うっす。

  • アイドルD(以下結華)

   黄色のシルエットが結華に激似の子っす。

   得意属性はVoっす。

   流行1位→2位→3位と順番に狙うっす。

  • アイドルE(以下霧子)

   紫色のシルエットが霧子に激似の子っす。

   得意属性はDaっす。

   常に流行1位を狙うっす。流行1位が落ちたあとは流行3位を狙うっす。

 

4ターン目以降は1ターン目と同じ相手を狙うっす!

で狙う相手は毎回固定なんすけどCPUのアピール判定(GoodとかPerfectとか)はランダムで、行動順も判定で決まるっす!

 

行動順は下記の通りっす!

思い出アピール=Perfect判定>Good判定>Normal判定>Bad判定

同じ行動順が重なったときは、プレイヤーが最速でそのあとCPUアイドルがアルファベット降順(E→D→C→B→A)の順に行動するっす!

これは覚えとかないとCPUの行動に割り込めなくなるっす!

 

んでここまではWikiみろで終わりなんすけど何がいいたいかというとさっきのCPUの動きをざっと表にしてみるっす!

  1ターン目 2ターン目 3ターン目 4ターン目
流1審査員 真乃
灯織
結華
霧子
真乃
咲耶
霧子
真乃
霧子
真乃
灯織
結華
霧子
流2審査員   結華 灯織
咲耶
 
流3審査員 咲耶 灯織 結華 咲耶

こうっす!この表が攻略に必要な情報のすべてっす!

まず見て気がつくのは流1審査員殴られすぎっす。3ターンで9回も殴られるっす。プレイヤーが変なことしない限りは絶対に流1が最初に落ちるし、流1審査員に手を出さなくてもまず4ターン目には落ちるっす。

細かい立ち回りはあとで説明するっすけど、どんな立ち回りでも基本的に流1のLAは狙うことになるっす。

で、さっき説明したようにCPUの行動に割り込んでLAを取る必要があるっす。でこれ4ターン目にやるの、CPU4人もいるし、4ターン目にはCPUが思い出を貯めてることが多いから思い出より速く行動しなくてはいけない状況が出てくる。それにはこっちも思い出を打つか4ターン目の削られたメンタルでパーフェクトを出すしかないんす。それはちょっと難しいっす。

4ターン目と比べて3ターン目に目を向けると、こっちはCPU2人しかいないっす。これならLA取ることはそこまで難しくないっす。なので基本的には3ターン目に1位LAを取る、または4ターン目に初手思い出で1位LAが取れるように3ターン目に1位を狙って調整する、これが基本の方針になるっす。

 

次に注目してほしいのは流2審査員っす!こっちは流1審査員と比較しても全然殴られてない、4ターンでたったの3人っす!しかも1ターン目は誰も殴ってないっす!

何がいいたいかと言うと流2のTAは得意属性じゃなくてもかなり簡単に取れるっす!基本的に流2審査員は流2がVoの時4T目に1位から2位に結華が降りてきて負ける可能性があるにはあるけど、それ以外で2位狙って負けることはまずないし、別にこのパターンでもTAとるのに必要なアピール値はそこまで高くないっす!3Tに1位に浮気しても4Tに思い出入れてると思うので不得意属性でもそれなりに稼げはするっす!

さらに言うなら流2審査員はDaで殴る人だれもいないっす!Da得意の霧子は1位が落ちたあと3位にシフトするので流2がDaのときはお手軽TAのチャンスっす!

流2審査員をViで殴るのが3ターン目の灯織だけなのもポイントっす!2回目に回ってくるのが実際は4ターンで1位が落ちて5ターン目になるからViで取られることもそんなにないっす!

 

流3はあんまり気にしなくていいというか基本的に干渉しないっす!最後に流1から降りてきた霧子や真乃が全てを持っていくこともあるからそこだけ止めれたら止めようって感じすね!

 

あと準決CPUのアピール力っす!3ターン目以降になるとダメージがランダムで1.25倍になるんでそれはかっこで書いとくっす!こんな感じっす!

基礎アピール値 3980        
  Bad Normal Good Perfect 思い出アピール
得意属性 3980(4975)  7960(9950) 8756(10945) 11940(14925) 8756(10945)
普通の属性 1990(2487)  3980(4975) 4378(5472) 5970(7462)  8756(10945)

CPUの思い出アピールは全属性同じダメージっす !

BadはCPU基本出すことないんで気にしないでいいっす!

調整では基本的にギリギリは狙わずに3ターン目以降のCPU火力が1.25倍分のマージンはとっといたほうがいいっす。今回の説明は1.25倍の数字は注釈として書いとくだけで考慮せずにやるっすけどCPUのアピールは急に2000~3000上がるかもって見積もって立ち回るのが吉っすね!

 

立ち回り方針を決める

 さてどうでもいいデータは置いといて攻略いくっすよ!

 

攻略情報見てると1位殴る!か2位殴ってTAと1位LA取る!

しか書いてないことが多くて、確かにそれで運次第では勝てるんすけど同じ流行でも一定の確率で絶対1位殴っても勝てないパターンとかあって勝てないのに1位殴るのはもったいないし、何も考えずに1位全力で殴ってTAとっても負けるパターンとかあるしそもそもLA取るって簡単に言われてもどうやって取るんだよ!ってなるはずなんで

・1位TA取るのにどれくらいアピール力が必要なのか

・2位TA取るのにどれくらいアピール力が必要なのか

・2位TA狙いで1位LAをどう取るのか

・1位TAor2位TA+1位LA取ったときの負け筋はなにか、負け筋の潰し方

についてもうちょっと突っ込んで説明していくっす!

 

基本的にはどの流行でも3ターン、4ターンで終わらせたいっす!長引くと不確定情報が多くなって難しくなるから短期決戦でいくっす!

 あと思い出アピールは滅多に打たれないから考慮してないんでもし3ターン目で思い出アピール打たれてたらダメージ表をもとに計算してくださいっす!

流1がViの攻略法

流行1位が得意属性!なんすけど1位狙いはかなりの自力がないと運が絡んでくるから何も考えずに1位狙いにいくのは危険っす!

下手に1位狙ってTAを逃すよりは2位TA+1位LA狙いの方が勝ちやすいこともあるっす!

 流1Viの基本的な方針としてはとりあえず1位TA(星20)と1位3割(星4)、1位LA(星8)の32点か流1TA(20+4)+流2TA(15+3)の42点狙うべきっす。仮に1位LA逃しても24点でだいたい勝てるっす!

ただし1位狙うにはかなりの自力が必要だから状況に応じて2位3割(星3)TA(星15)+1位LA(星8)の26点狙いに切り替えるっす!

流1Vi1位狙いパターン

まず1ターン目の前に1位狙いでいくか2位狙いで行くか決めるっす!

オーディションが始まったら1位TAできる自力があるかをチェックっす!

具体的な数字はあとにしてチェックするポイントはこんな感じっす!

 

・真乃がPerfectを出している

真乃にTA負ける可能性が高いっす!

これは自力がない時は辞めて2位狙いにした方が無難なんすけど、流行ViDaVoならまだ1ターン目に様子見してから2ターン目から2位狙いに逃げることが可能だと思うっす!ViVoDaはおとなしく1ターン目から逃げるっす!

 

・初手にPアイドルのアピールスキルがない、スキルパネルのバフもかかってない

自力がないなら勝てないから2位に逃げた方が無難っす!ただしViVoDaの場合TAに必要アピールが1位も2位もそこまで変わらない気がするんで真乃がパフェ出してなければ1位で突っ張るのもありっす!

1位Viは正直2ターンで全てが終わるっす!次のターンで引けるから勝てる!は危険っす! 

 

自力自力ってどれくらい必要なんだよ!って話だと思うんで真乃が1ターン目と2ターン目にPerfectを出しても勝つのに必要な自力はこんな感じっす!

 

・2ターンで合計23880アピールできそうか?

これはまず勝ちっす!脳死1位狙いは基本的にはここがラインになると思うっす!

・2ターン+思い出アピールで合計23880アピールできるか?

これも1個上と同じっすけど3ターン目に思い出出すのは1ターン目と2ターン目にパーフェクトを出してる必要があるっす!あと運が悪いと2ターンで終わるっす!

・3ターンで23880アピール

2ターンで落ちてなくて3ターン目に真乃より早く行動できるならまず勝てるっす!パーフェクトを極めるっす!

 

次に同様に真乃が1ターン目にグッドを出して2ターン目にパーフェクトを出した時っす!1ターン目パフェ、2ターン目グッドも同じっす!

これもまず2ターン~3ターン開幕で終わるはずっす!

基準は同じく2ターン(+3ターン目先行)で20696アピールが目標っす!

勝てそうになければ2位狙いに逃げるっす!

 

最後に真乃が1ターン目にグッド、2ターン目にグッドのパターンっす!

必要なアピール力は2ターン(+3ターン目先行)で17512っす!これくらいなら自力の低い人でも初手次第で行けるんじゃないっすかね!

ただし先行とってても他のアイドルの判定が弱いと真乃が3ターン目に殴ってまくられる可能性もあるので注意っす…見極めとしては1ターン目に灯織がパフェ出してればまず安心っす!1位狙いの真乃以外のアイドルが1,2ターン目にパフェ出せてないときは自力勝負になるので注意っす…。

 

真乃がノーマル出すパターンは省略するっす!1200くらい下がるだけでだいたいグッドと同じっす!バッド出してるとこは見たことないんでやらないっす!

 

1位TA狙いは自力の低い人はもう基本的にLA調整する余裕なんてないっす!

とにかく2連続でパフェを出すっす!パフェ出せば勝てるっす!グッドは運ゲーっす!

3.5倍アピールとか持っててTA勝てること確信してるなら上手いこと計算して2ターン目にノーマルとかグッドでLA狙ってもいいけど結構難しいっす!(足りなかった時に3ターン目に思い出でリカバリできないため)

 

2ターンで1位TA(24点)とれたら3ターン目以降はひたすら2位を狙うっす!

2位TA取るのが理想っすけど別に取れなくてもいいっす!

2位TA取れないときの警戒対象、妨害対象はViVoDaなら結華、ViDaVoなら真乃っす!

ViVoDaで結華が2位の3割TALA取った場合も24点で同点勝利なんすけど2位と3位のLA両方取られると負けるっす!妨害チャンス基本的に2回あるんで行動順よく見てなんとか止めるっす!そんなに確率高くはないパターンっすけど見えたら止めたほうが吉っす!具体的に言うと結華は1位が落ちてると4ターン目に2位を殴るんでそこで取られないようにするっす。5ターンめに思い出で2位3位両方取られるのはもうこっちも思い出で止めるしかないっす…。

ViDaVo2位狙いにシフトした真乃が1位LA取ってて下手にTA取ると26点で負けるんでそこだけ自力勝負っすけど1位TA取れるならだいたい勝てるはずっす!無理そうなら気合いで2位のLA(or2位LA妨害+3位LA)だけ狙うっす!1位が落ちたタイミングでパターンが変わるんで細かい動きはアドリブっす!すまねっす!

思い出アピールが残ってるなら流行ViDaVoなら4ターン目に撃って2位への総アピールを稼ぐ、流行ViVoDaなら温存して結華の3位LAを妨害するの方針がいいと思うっす!

 

流1Vi2位狙いパターン

なんか早くも細かく書くの飽きてきたんでガンガンいくっす!

1位狙いが出来ないときはこっちっす!ひたすら2位を殴る・・と見せかけて3ターン目に1位殴りで調整して4ターン目に思い出でLAを奪うっす!ただしViVoDaはTA負ける可能性があるんで流1LAを狙うチャンスは1回だけっす!

仮に1位LAを取られても真乃がLA取ってなければ諦めちゃダメっす!まだ2位TALAで同点1位の可能性は残ってるっす!

ViDaVoで流2TA取れないこと基本ないと思うけど最悪のパターンで結華が2Tと4Tでパフェ出すやつっす!これでだいたい12000アピールくらいなんで1T2T全力で2位殴って4T思い出って感じでだいたい思い出で5000以上出せるとしたら1ターンあたり3500くらい出せれば余裕こいて3T目に1位に浮気していいと思うっす!2ターン浮気しても余裕っす!思い出出せなくても1ターン4000あれば大丈夫っす!5Tに思い出されることは考えないでいくっす!

ViVoDaの流2TAは自力が低いときはかなりギリギリになると思うっす!最悪のパターンで結華に2回パフェ出されたときに5ターンor4ターンで思い出含めて24000出せるかって言われたら1ターン6000必要でなかなか厳しそうっす!まあ5ターン目で先行できることも多いんでそこまでビビらなくてもいいと思うっす!3ターン目に調整できないなってなったらもう1位LAは諦めて2位LA狙いに切り替えもありっす!1位LAよりかなり運要素高いんで難しいっすけど勝ち目ない戦いよりはマシっす!2位LAは複雑すぎるんで解説はしないっす!

 

まあ前置きが長いんで3ターン目に1位LA調整する方法を説明するっす!

3ターン目に1位審査員を殴るのは真乃と霧子っす!

ここで真乃と霧子が何を出してるか確認するっす!

次に審査員の現在アピール値を確認するっす!1位触ってなければ40000~60000くらいになってるはずっす!

 

○真乃と霧子がパーフェクトを出している

真乃が12000、霧子が6000くらいで2人の合計アピール値は18000くらいっす、3ターン目以降なんで稀にアピール値が1.25倍になって22500出る可能性もあるっす!このパターンはかなり運が絡むっす!すまねっす!

→1位の審査員アピール値が480000(2人とも1.25倍時は-4500)以上

ほっとくと行動順的に霧子が先なんで真乃にLA取られて負けるっす!つよつよアイドルならパフェや高レベルの思い出で18000~6000出してLA取れるけど高難易度っす!最低でもワンチャンなんとか思い出かパフェで割り込んで審査員アピール値60000以上に持っていって霧子にLA取らせる必要があるっす!この状況が発生しやすいからVi流1の2位狙いはDa流1の2位狙いに比べると難しいっす!

→1位の審査員アピール値が48000(稀に-4500)以下

Goodで殴ってLAを取るっす!

取れなかったら次ターン思い出でLA回収っす!最悪パターンでもGoodと思い出で合計で8000取るだけなのでお手軽っす!

 

○真乃がパーフェクト、霧子がグッドを出している

この場合霧子のアピール値が4400、2人の合計が16300くらいっす!

これも結構厳しいとはいえ2人ともパフェパターンに比べると真乃がLA取れないのでまだまだチャンスはあるっす!

→1位の審査員アピール値が54060(-3000)以上

真乃のアピールで1位が落ちるパターンっす!これは必要なアピール値を計算してパーフェクトで割り込んでLA取ってくださいっす!取れなかったら負けっす!12000~6000程度の自力が必要っすけどVi極なんで結構いけるはずっす!問題はパーフェクトを出すのが難しいことっす…。

→1位の審査員アピール値が49682(-4079)~54060(-3000)

ほっとくと霧子がLA取るパターンっす!これはGoodでLA割り込みが可能っす!

最悪パターンでも4400以上出してればいいのでVi極なら取れないことはそうそうないはずっす!

→1位の審査員アピール値が49682(-4079)以下

ほっといても3ターン目で落ちないパターンっす!

ViDaVoなら基本的にノーマルで最遅行動して4ターン目に思い出で確実にLA取れるはずっす!ケチって低倍率のSアイドルのスキル使ってもいいと思うっす!

ViVoDaで2位TAが怪しいなら3ターン目は放置して4ターン目思い出でもいいかもっすね!思い出レベルと相談っす!足りなそうならノーマルで殴っとけっす!

 

○真乃がパーフェクト、霧子がノーマルを出している

これ真乃パフェ霧子グッドと基本的に同じっす。数字と結論だけ書くっす!霧子のアピールが4000くらいっす!

→1位の審査員アピール値が54060(-3000)以上

パフェか思い出で割り込みっす!辛いっす!

→1位の審査員アピール値が50080(-3980)~54060(-3000)

 Goodで割り込みっす!簡単っす!

→1位の審査員アピール値が50080(-3980)以下

これはノーマルじゃなくてバッドで最遅行動する必要があるっす!

基本的にバッド+思い出で勝てると思うっす!

まずないと思うけどそれでも足りなそうな時(40000~43000くらい?)はグッドしても落ちないと思うんで強気にグッド+4ターン思い出でいくっす!ダメ計は必須っす!

 

○真乃がグッド、霧子がパーフェクトを出している

真乃パフェよりはお手軽なんすけど真乃のアピール力が高いんで自力が必要かもっす!

真乃が8800くらいっす!

 →1位の審査員アピール値が51274(-3681)以上

ほっとくと真乃にLA取られるパターンっす!霧子がアピールしたあとにグッドでの割り込みが必要っす!霧子がLA取ることはまずないから気にしなくていいっす!

自力がなくてグッドでLA取れないときは最悪霧子にLA取らせるためにパフェか思い出打ってくださいっす!

自力に自信があればここからワンパンLAの可能性もあるっす!

 →1位の審査員アピール値が51274(-3681)以下

 ノーマルの最遅アピールでLAかノーマル+4ターン目思い出でLA取るっす!

取れるなら放置して4ターン目思い出だけでとってもいいっす!

ノーマル+思い出でもLA足りないなって時はもうパフェでもグッドでも落ちないと思うんで強気に全力殴りで4ターン思い出でいくっす!

それでも届かないときは6000以上残して次ターンパフェ1人の2巡目グッドLAを祈るっす!

 

○真乃がグッド、霧子がグッドを出している

基本的に上と変わらないんすけど割り込みが不可能なんでキビシーっす!

→1位の審査員アピール値が52866(-3283)以上

正直確率的にほとんどないパターンっすけどほっとくと真乃がLA取るっす!

防げなかったら負け確定になるんでパフェか思い出で霧子にLA取らせてくださいっす!

つよつよアイドルなら14000くらい出して自力LAも見えるっす!

→1位の審査員アピール値が52866(-3283)以下

真乃グッド霧子パフェと同じっす!調整して4ターンLA取るっす!

 

○真乃がグッド、霧子がノーマルを出している

これも基本的に上と同じっすけど真乃が先に攻撃するんで安全っす!

→1位の審査員アピール値が53264(-3184)以上

ノーマルで割り込んでLA取るっす!

→1位の審査員アピールが53264(-3184)以下

真乃グッド霧子パフェと同じっすけど最遅がバッドっす!

うまくアピール値調整して4ターンLA取るっす!

 

○真乃がノーマル、霧子がパーフェクト、グッド、ノーマルを出している

これもう全部行動順同じだし割り込みも不要なんでまとめて書くっす!

→52070(-3482)(パーフェクト)、53662(-3084)((グッド)、54060(-2985)(ノーマル)以上

パフェ出してなんとか霧子にLA取らせないと負けっす!

と見せかけてこのくらいならワンパンLAアピール見えてくるんでくそつよアイドルなら狙ってみるっす!

→52070(-3482)(パーフェクト)、53662(-3084)((グッド)、54060(-2985)(ノーマル)以下

上と同じっす!調整して3or4ターンLAっす!

 

1位のLAのとり方はこんな感じっす!

1位のLAを奪った後は流れで2位を殴り続けるっす!真乃が3位のLA両方取りそうなときだけ妨害するっす!

 

流1がDaの攻略法

流1と殴り合ってTA勝つには高倍率アピールと高倍率バフが必要になるんでとりあえず1位無視して2位TA+1位のLAが堅いっす!

流1Viの2位狙いとやることはほぼほぼ同じっす!

強いて違いを説明するなら流行1位は3ターン目までに9回殴られるっすけどそのうちVi得意が4回、Da得意が3回なんでだいたい不一致1回分くらいアピール値が下がるっす!

あと流1が自分の得意属性じゃないんで割り込みや先行LAがVi1位に比べたら難しくなるんすけどアピール値が下がってる分ほぼ4ターン目にもつれ込むんで勝てるかの運要素は流1Viとそこまで変わらないと思うっす!

あと1位のTA取るのが霧子になるんで霧子と真乃が同判定のときに霧子の方が早いのも難易度低いっす!

それから流2がViになる可能性があるんでその場合余裕ができて2ターン目も1位LAに向けた調整に使えるっす!

全体的に見たらむしろ流1Viより勝率は高くできるかもしれねっすね!

 

流1Viの2位狙いを理解したなら説明は不要だと思うけど一応パターンだけ解説するっす!細かい説明は流1Viの方を読んでくださいっす!

 

流1Da2位狙いパターン

流1LA取れれば負け筋は霧子が3位LAを取る以外ないんでそれだけ頭にいれとくっす!

1位触ってなければ3ターン目の審査員アピール値はだいたい53000~36000くらいになってるはずっす!

とりあえずDaVoViなら1ターン目と2ターン目は2位にアピールしとくっす

低すぎるとちょっと調整がめんどいんでDaViVoで2位TAの余裕あるときは2ターン目にもワンパン入れとくといいっす!2ターン目の霧子パフェ成否でさらに細かく刻んでもいいっす!パターン多すぎるとめんどいんで詳細は省くっすけど2ターン目のアピール値が25000以下なら殴っといたほうがいいと思うっす!

 

んじゃ1位LA取るための3ターン目の行動っす!

 

○真乃と霧子がパーフェクトを出している

→1位の審査員アピール値が48090(-4477)以上

ほっとくと真乃がLA取るパターンっす!霧子がLA取ることはまずないから安心していいっす!これはもう手出しできないんで諦めて2位LA狙って24点同点優勝を目指すっす!

→1位の審査員アピール値が48090(-4477)以下

グッドで殴ってLAを取るっす(46000~くらい)、取れなかったらグッド+4T思い出(40000~くらい?思い出レベルにより)で取るっす!

グッド+思い出でも全然足りなそうならもうパフェ+思い出で殴るっす!

それでも足りなそうなときは6000~10000残し(現在値+自アピールで42000~38000)になるよう調整or放置して次ターングッド割り込み狙いっす!

 

○霧子がパーフェクト、真乃がグッドorノーマルを出している

まとめていくっす!

 

→1位の審査員アピール値が49682(-4079)(グッド)or50080(-3980)(ノーマル)以上

ほっとくと真乃がLA取るパターンっす!これはGoodでLA割り込みが可能っす!

必要アピール値は0~4000くらいなんで不得意でもだいたい足りるんじゃないっすかね、足りない時は諦めて2位LAを狙うっす!

正直そこまで発生しないパターンだと思うっす!

→1位の審査員アピール値が49682(-4079)(グッド)or50080(-3980)(ノーマル)以下

パフェパフェのパターンと同じっす!真乃ノーマルの時は最遅行動がバッドになって難易度がちょい上がるっす!

 

○霧子がグッド、真乃がパーフェクトを出している

 →1位の審査員アピール値が51274(-3681)以上

ほっとくと霧子にLA取られるパターンっす!これは基本何もできないんで負けっす!

正直どうしようもないっすけどほぼ全員が1,2ターンにパフェ出してこないとこの数字にはならないんで運が悪かったと思うっす!

 →1位の審査員アピール値が51274(-3681)以下

 パフェパフェのパターンと同じっす!最遅行動はノーマルっす!

場合によってはどうしようもないときの4Tグッド割り込みお祈り運ゲーを6000残しじゃなくて12000残し(霧子パフェor2人パフェ後の割り込み)で狙うのも見えてくるっす!

 

○霧子がグッド、真乃がグッドorノーマルを出している

→52866(-3283)(グッド)or53264(-3184)(ノーマル)以上

グッドで割り込んでLAで勝ちっす!3500~4400出せれば勝ちっす!

→52866(-3283)(グッド)or53264(-3184)(ノーマル)以下

グッパフェパターンと同じっす!

 

○霧子がノーマル、真乃がパフェorグッドorノーマルを出している

→52070(-3482)(パーフェクト)、53662(-3084)(グッド)以上

確殺パターンでノーマルの状況は発生しないんで全部真乃が先行っす!

これは負けパターンなんであきらめて2位LA同点1位狙いっす!

→52070(-3482)(パーフェクト)、53662(-3084)(グッド)、54060(-2985)(ノーマル)以下

グッパフェパターンと同じっす!

 

1位LA取ったらあとは霧子の3位LAにだけ気をつけて2位TAを取れば勝利っす!

 

流1がVoの攻略法

さて流1Vo、自力があるなら1位、自信がないなら2位狙いっす!1位狙いは2ターンで落ちないから流1Viの1位狙いよりもLAが狙いやすく、2位狙いは流2Voが発生しないんでTAが初心者でも取りやすいと要求スキル的にはなかなかにやさしめ…なんすけど3ターンでの1位への総アピール値が流1Daよりもさらに少ないので4ターン目割り込みパターンになることが多くて運要素はちょっとだけ高いっす!

あと流2狙いのときに流1TA取るのが真乃なのか霧子なのかが1ターン目と2ターン目の判定を覚えてないとできないのもめんどさポイントっすかね…ぼくは見てないけどちゃんと覚えてたら勝率上がると思うっす!

とはいえ2位狙いでやることは流1Daのときと同じっすね!

 

流1Vo1位狙いパターン

自力チェックっす!最低ラインは3ターンで平均アピール値4000以上っす!これ出せないと話にならないから2位狙いっす!安定して勝つには平均6000欲しいっす!6000あれば3ターン目にLA調整も余裕っす!

とはいえだいたい3ターン~4ターン、思い出も打てるんで難易度としては流1Viに勝つよりもかなり楽だと思うっす!あと思い出レベルが高ければ自力低めでもワンチャンあるっす!

さらに1ターン目判定チェックっす!霧子と真乃のどっちかがパフェ出してたら逃げてもいいっす!

とはいえ1位狙いも2位狙いも基本的に1ターン目か2ターン目に1回1位にアピールしておいたほうがいいんで1ターン目は様子見で殴って2ターン目の判定も見てから2位狙いに切り替えてもいいと思うっす!2位にVoがこないんで多少余裕はあるっす!(とはいえアピール値調整のためなら2ターン目にやったほうがいいっす)

 

ちゅーわけで1ターン目2ターン目は全力殴りっす!

 

3ターン目に自力足りない人は黙って思い出かパフェで殴るのが無難っすけど"理解"してきたなら審査員が落ちないように調整から4ターン先行思い出で合計アピール値稼げるっす!これはもう計算できる上級者向けなんで詳しくは書かないっす!

普通に余裕ある人は1位のLA狙いにいくっす!

というわけでLA狙いの動きの解説っす!

3ターン目の審査員のアピール値はプレイヤーのアピール値2回+53700~35820くらいっす!

 

○霧子、真乃が2人ともパフェ

→1位の審査員54060(-2985)以上

落ちるパターンっす!もうこれは溜まってれば思い出、溜まってなければなんとかパフェ打つっす!LA取れてたらラッキーっす!

→1位の審査員54060(-2985)以下

落ちないパターンっす!とはいえここでギリギリLA狙ったせいでTA取れなかったってなったら悲しすぎるんで54060に近すぎる時は素直にパフェったほうがいいっす!

54060からそれなりに遠いなら安心してノーマルで最遅行動(落ちないならパフェ)+思い出でLA狙うっす!LA取れてなくても4ターン目の早いタイミングで落ちるはずっす!

 

残りのパターンもほぼ同じなんで落ちるか落ちないかの閾値だけ書くっす!割り込みLAもあるっす!(正直誤差では???)

○霧子、真乃が1人パフェ、1人グッド

閾値55652(-2587)

 ○霧子、真乃が1人パフェ、1人ノーマル

閾値56050(-2487)

○霧子、真乃が2人ともグッド

閾値57224(-2194)

○霧子、真乃が1人グッド、1人ノーマル

閾値57642(-2089)

○霧子、真乃が2人ともノーマル

閾値58040(-1990)

 

こんな感じっす!取れたら2位狙ってワンチャン2位TA取って終わりっす!(取れなくてもよいけど1位LA取れてないときに2位TALA+3位LA取られた時だけ負け筋)

 

流1Vo2位狙いパターン

流1LA+流2TAで26点を目指すっす!

たぶんこれが準決Vi極で最も運要素が強くて見なきゃいけないものも多いパターンっす!4ターン目にもつれ込むことが多いっすけど基本は他の2位狙いと変わらないっす!

1ターン目に流2…は当然なんすけど流1を少しでも早めに落として運要素を減らすために2ターン目は流1を狙いたいっす!何度も言ってるすけどVoが2位にこないからよっぽど自力が低くない限りは流2TAは堅いっす!ただし削りすぎると逆にLA取れなくなるんで目安としては2ターン目に咲耶がパフェ出しててかつアピール値25000以上とかは殴らなくていいっす、咲耶がパフェ出してない時は適度に殴っとくっすかね?現在値+自アピールで29000超えない程度が無難っす!(適当っす)

 

あと霧子と真乃どっちがTA取るかは1ターン目と2ターン目の判定を見て確認しといた方が負け筋潰せるはずっす!

 

んで3ターン目のLAとり方っす!基本的には流1狙いのコピペっす!

3ターン目の1位審査員のアピール値は2ターン目に殴ってればプレイヤーのアピール値1回+53700~35820っす!

 

○霧子、真乃が2人ともパフェ

→1位の審査員54060(-2985)以上

真乃霧子がLA取るパターンっす!これは止められないっす!

これにならないように2ターン目判断してるはずなんで多分ないはず…なったらTA取る方確認してパフェor思い出で妨害orスルーで放置して2位TALA狙いっす!

→1位の審査員54060(-2985)以下

落ちないパターンっす!最遅グッドでLA取るっす!足りなかったら次ターン思い出LAっす!

それでも足りなそうなときはパフェ+思い出LAっす!

それも足りないときは6000ちょっとor12000ちょっと残しで次ターングッドでの割り込みLAにかけるっす!

 

割り込みは特にないんで残パターンもやることは同じっす!

閾値だけ書いとくっす!だいたいこの数字がLAまでに必要な値っす!

 

○霧子、真乃が1人パフェ、1人グッド

閾値55652(-2587)

 ○霧子、真乃が1人パフェ、1人ノーマル

閾値56050(-2487)

○霧子、真乃が2人ともグッド

閾値57224(-2194)

○霧子、真乃が1人グッド、1人ノーマル

閾値57642(-2089)

○霧子、真乃が2人ともノーマル

閾値58040(-1990)

 

流1LA取ったらあとは2位を全力で叩いてフィニッシュっす!

流1TA取ったほうがLA取らないように気をつけるのと

真乃が2位にくるんで1回多く殴ってるとはいえTA負けしないようにだけ注意っすね!

 

 まとめ

こんな感じでどうでっしゃろか!なげえっす!

2位狙いのLA取れなくて負けてた人も取り方なんとなく理解してできたんじゃないっすかね!だめっすかね!

2位狙いで基本的にどの流行も高確率で勝てるはずなんである程度育ってれば流行負けは基本的にないのかなーとは思うっす!運が悪いときは流行にかかわらず負けるっす!

もう後半飽きてきて意味不明な呪文を唱えてた気もするっすね…気が向いたら解読してもらえればと思うっす…。

 

決勝編…?決勝って準決よりパターンかなり多い気がするんすけど…。

いやでも今回作って結構立ち回り見直せたし自分で毎回計算してたの一度にまとめられてちょっと自分用メモとしても便利そうだしそのうちやるっす!うぇい!

 

『フリクリ オルタナ』感想というか考察というか感情垂れ流し

 

 フリクリ オルタナ見てきました、まあ細かい経緯は置いといてぼくはめっちゃ面白かったんですよ。

 で、ネットで感想見たろって思って調べてたらまー賛否両論で、確かにOVAと比べていろいろ弱いとか曲の使い方がクソとかの主張もうんうんわかるよそうだねつらかったねってニコニコしながら見てはいたんだけど、そういう感想みて見るのやめようかなとか言ってる人結構いて悲しくなってきたので勢いでぼくの面白かったところ書いておこうと思いました。(逆張りオタク)

 

フリクリ オルタナって結局どんな映画なの?(ネタバレなし)

  一言で言ってしまえば高校二年生の女子高生4人の百合友情青春物語です。(百合かって言われると正直微妙なんだけど百合厨を釣ってダメージを受けさせたいので百合ってかきました)なんかよくわからんSF展開をバックに年相応の女子高生が集まって恋愛とか進路とか友情とかで悩んだりするかなり等身大な作品になってます。いや、なんか書いてて全然違う気がしてきた…。ともかくセブンティーンの気持ちになって青春して精神にダメージを負ってほしい。

 原作(OVA版)と比較すると、OVAで評価されてた奇抜な演出だとか映像に合わせて爆音で流れるthe pillowsの楽曲とかそういうのは薄くてそこに期待してた人ががっかりする気持ちはわかるんだけど、思春期の主人公が悩んだり変化していくストーリー、終盤に向けて日常を侵食してくるSF展開ってテーマ自体はきちんとOVA版を引き継いでる、むしろ原作よりもそこに特化してフォーカスした作品になっている印象です。キャラ造形やストーリー展開でのOVAとの対比もちょくちょく出てきて面白いと思いました。

 

各話感想(ここからネタバレ)

こっからネタバレ全開です。強烈な思い込みと独自解釈と妄想で思いつくままに書きます。きみだけの最強のオルタナ考察を作ろう!

 

 

 

  • 1話 フラメモ

 キャラ紹介回です。女子高生がいっぱい出てきてやたらハグしたり膝枕したりで距離がやたら近くてあれ?これもしかして百合アニメなのでは?って気持ちになります。

 静かな部室での会話から一転してロケット作成が始まってBGMに合わせてだんだんキャラクターのテンションも上がってく様は最高に青春!なんだけどそこにピンが降ってきて完成したロケットぶっ壊されちゃう。あとの話も含めてになるけど「オルタナ」におけるカナの行動って全部上手くいかないんだよね。それに対するAlternative、代替としてハル子から示される「壊れたんならまた作りなおせばいいだけじゃん」。で作り直して打ち上げてみんな笑顔でハッピーエンド。

 作り直せばいいのはそりゃそーだではあるんだけどOVA版はかっこつけてやってなかったけどバット振ったらうまくいく的な話だったから最初から素直に行動してうまくいくのかと思いきややることやって全然うまくいかないカナとの対比はちょっと面白いです。

 ロケットづくりはもちろん子供から大人になる、卒業、未来への希望とかそういう感情のメタファーではあるんだろうけどカナたちが作ったちっぽけなロケットに本物のロケットを絡めてくる話の構造は上手いですね、最後に4人が本物のロケット打ち上げを眺めるシーンで全員が背中を向けて表情が見えないのもあとから思い出すといい演出だと思いました。

 

  • 2話 トナブリ

 ヒジリー回です。大人と子供のなんやかんや。

 辛いもの喰えるのは大人で喰えないのは子供っていう対比。大人も無理して喰ってるだけっていう答えあわせを神田のおっさんでしてからのヒジリー無理してない?ってやつ。まあ結局はトシ夫もヒジリーも大人ぶっててみんな子供だったってオチなんだけど、恋人を捨てて代替として友情をとる行為は後々4話とか6話につながってくるわけですよ。あとカナは化粧しても大人になれない徹底した『子供』の側なのがちょっと面白いよね。子供らしく恋愛に夢見てて、友情が第一で、その青春の力はめっちゃくちゃでけーぜ!ってのがわかりやすくカナとトシ夫のNOのサイズ差で視覚化されてるし。この話、結局は子供も捨てたもんじゃないし大人よりすごいところもあるんだよって額面通りに受け取っておきたいんだけど、後半の展開を考えると想いがいくらでかくても子供じゃ現実は変えられんし厳しいみたいな結果になってしまうのがなんとも辛い。

 関係ないけど、あとから考えるとカナに「すごいことだよ、好きになった二人が別れるんだからさ」をここで言わせてるの、本当に残酷だよなー。「そのうちカナにもわかるよ」「わかんないって、わかるはずない、わかりたくもない」があとからじわじわ効いてくる。

 トランスフォーマーのパロが大丈夫か?ってレベルでまんまだったけどアクションはよく動いて楽しかったね。ヒジリーが爪噛み捨ててバックでめっちゃ爆発するカットが特に良かった。(爆発はでかければでかいほどよい)

 あとケバブを普通に食べれるモッさんとペッツはこの作品における大人なんだよね。神田のおっさんより大人。(普通に好き嫌いかもしれんけど)

 

  • 3話 フリコレ

 モッさん回。夢の話…というよりは友情とはみたいなのがメインなんかなあ。

 カナが勝手に手伝いやって一度は断られるも、素直な気持ちをぶつけることで和解できたくだり、後々のペッツと和解できなかった関係と対照的なんだよなー。最初に3人で手伝ったとき、ペッツとヒジリはあんまり乗り気じゃなさそうだったのがカナとの対比で印象深い。

 モッさんは夢は自分で叶えなきゃ意味がないって怒ったんだけど、ラストにデザイナーから代替の夢としてモデルに転向したところから察するに実際のところ彼女にとって夢を叶える事自体には真剣であっても夢自体にこだわりはなかったんだよな。それもあって大賞に選ばれなかったんじゃないかなあみたいなのは感じる。あとから考えると夢がないカナも成功しないことを示唆してたようにも思えるし、というか結局カナがモッさん手伝っても負けてるしこの作品、カナの行動が報われなさすぎる。

 そんな結果だけ見たら陰鬱な回なんだけど、なんだかんだ明るい雰囲気で終わったのも嘘くさくてよくできてるよ。まあモッさんいわく、「結果が全て」。

 

 順番的にペッツ回…じゃねえのかよ!カナ回だよ!最後の日常回、テーマは恋愛です。

 話としては恋に恋い焦がれただけでカナには恋愛はまだ早かったのかな、で終わりでなんじゃそりゃ、なんだけど「ホントのドキドキは多分…」でなんの代替だったのかみたいなノリで6話につながって行くのよね。国語の授業で扱ってるのが島崎藤村の『初恋』なのもいいよね、上げ染めし前髪も花櫛もヘアピンを示唆してるしやさしく白き手を差し伸べて…は5話冒頭の回想だしでカナの初恋はペッツだったみたいなやつじゃん急に百合感でてきたな…。でもテストで点取れてないからカナは理解できてないんだよね。

 あとこの回のパロディがスラムダンクなのは意図を感じて、スラムダンクって最後唐突に負けて終わるじゃないですか、言ってしまえばバッドエンドの作品で、ハル子の「結局はスラムダンクっしょ」はバッドエンドというか敗北を肯定してるようにも感じられるけどどうなんだろうな、まあ6話でバッドエンドは好きじゃないって言ってるしそうでもないか…。

 

  • 5話 フリステ

 待望のペッツ回。メディカルメカニカが動き出し、ペッツの秘密が明らかになり一気に雰囲気が変わります。ここからもう最後までノンストップです。

 これまでの話で新聞やらテレビのニュースやらで断片的に書かれていた、他人事みたいな伏線が一気に地球滅亡というリアルさを帯びて日常を侵食してくる。それと同時にペッツの実家の話、移住計画の話も明らかになって私物の交換を持ちかけてたペッツの不可解な目的が明らかになるし1話で写真撮りまくってたのも別れに備えてたのかみたいな怒涛の伏線回収ですよ。これまで頑なにジャージとタイツで肌を隠してたペッツが秘密がバレてからは夏服で露出してたのも視覚的にわかりやすい。「続いてた毎日は全部嘘だった」は流石に言い過ぎだろうって思うけど、ペッツはやっぱり我慢してるのを気が付かせないキャラ、つまりこの作品でいうカナと対象的な『大人』で本心を隠す『嘘』のキャラってのを強調したかったのかなあ。そんなペッツが感情を吐露して恨み言吐くの、実際ある程度は本心なんだろうけど、ここでの拒絶の言葉がどうしても本心とは逆にも聞こえるし、額面通りに受け取るべきではないんだろうな。二人は友達なことを再確認してハッピーエンドかと思いきや、夢オチ。ペッツはいなくなってしまうんだよな。この夢、カナが見てた夢なんだろうけど絵的にペッツが切り捨てたみたいになってるのがいい。最終的に自分の感情を殺せる大人として、あるいは単純に親に逆らえないそのままの意味の子供としてという構造も面白い。「全然知らなかった」なりターミナルコアなりでOVAのマミ美を彷彿とさせるところがあるも、結局特に復讐することがなかった点も自分を殺したキャラとしての印象が強く残るんだよな。

 あっさり去ったようにも思えるけど、私物交換の件、モッさんとヒジリーに対しては早いタイミングでやってたけどカナとは最後の最後までできなかったのも、やっぱりカナとの別れに対しての感情の整理はできてなかったんだろうなあ。

 

  • 6話 フリフラ

 最終回。前話に引き続いてのペッツ回(ペッツ不在)です。

 学校にも町にも人影がなくなり荒廃した地球と、ペッツと別れたカナの心情がリンクしてていいよね。

 打ち上がるロケットに対してモッさんとヒジリが別れの言葉を告げるのに対して、最後までカナは無言なんだよね、子供だから。結局カナは変化を受け入れられないんですよ。割れたスマホも買い換えられない。

 んで、告白パートですよ。OVAのナオ太が「好き」の一言で終わらせたのに対してうじうじうじうじなっげーーーーーー告白だなあ女子高生の思いの丈はめんどくせえなあすげえ思春期パワーだ宇宙も捻じ曲げちまうぜでもこのすんげえ告白届いてねえんだよなあだって相手いねえもん悲しいなあ、フリクリにおける初恋はかなわないもんだからしかたねーですよエモさしかねえなという感じです。

 で、このときのオレンジ髪になってエキゾチック反応したのはトップ2のパロっぽいけど、トップ2で髪色変わるシーン、ノノがラルクの元に駆けつけるために冥王星からタイタンまでワープするとこだよね。でも別にカナがペッツのもとにワープするわけでもないしよくわからんし悲しいですね…距離なんて関係ないのです…。子供時代の回想になにか秘密があるのかな?まさかそのまんまノノみたいな過去のキャラとは思わんけども…。デコにアトムスクのマークが出たのは別れを受け止めてやっと大人になったって表現?それとは別に5話で吸い込んだターミナルコアとアトムスクは関係がある?それともカナ=アトムスクでここからハル子との因縁がはじまるのか?(オルタナ時点ではハル子に鎖ないですし)正直この辺の展開よくわからんのだけどどうなってんだこれ。ハル子は火星に飛ばされたのは間違いないだろうけど最後のシーンはどこなんだ?本物の地球はメディカルメカニカにならされたけど神田が言ってたように事象の地平線を超えて火星に街ごと転移することに成功した?いやでもハル子が見てるプラントとは違うよな、それとも火星ではない別の地球を創造した?(壊れたら作り直せばいいじゃん)過去の時間軸の地球を持ってきて1話冒頭にループがはじまった?飛ばされたアイロンはどこへ行った?この日常の中にペッツはいるのか?もう何もかもわかんないっすね事象の地平線出てきた以上なんでもありな気がする、まあこの辺は変わらない世界を願ったカナが思春期特有のすごいパワーでなんかしてどうにかなったんでしょう、しっかり語って欲しかったけどまあこんな終わり方もアリなんじゃないですかね。この辺はなんか正しい考察があるのかもしれないし、可能性残しておくんで勝手に想像しろってやつなんかもしれない。個人的にはペッツと再開しててほしいけど現実を受け入れて大人になったが本筋だろうし別々に生きていくんだろうな…。

 

結局オルタナの何が面白かったの?

  1~4話も好きではあるんだけどカナとペッツの関係がよかったんだよね。テレビシリーズなりOVAなりで1話づつみたらまた印象違う気もするけど劇場で一気に見るなら5話以降でカナとペッツの関係に一気に収束してくところがメインでしょう。結局この話ってどういう話かって言ったら「仲が良かった友人と親の都合で別れることになって悲しかったけど私は元気です」が全てで、それってはっきり言ってしまえば大人や周りの人間からしたら大したことない、どうでもいい、いくらでも世界中で起きてる出来事なんだよね。でも子供で17歳のカナにとってはその別れは地球が滅びるのと同レベル、いやそんなことどうでもいいくらいにショッキングな出来事で、その別れを受け入れるという行為は、はっきり言ってもう別の星で生きていくのと同義だって心境と現実をリンクさせることで、どれだけこの想いがでっっっっけえかって視覚的にわかり易く表現してるとこがよかったんだよね。心境の変化に合わせて壊れていく地球の他にも人間関係とか心情の暗喩だとか伏線の貼り方だとか、セリフ以外でも過剰な情報でキャラ語られてるのが面白かったんだよね。前半のキャラ掘り下げ回もキャラの魅力を十分感じられたし、ペッツ以外は…まあペッツはメインヒロインだからな…。

 作品のテーマについては…子供と大人、変わっていく現実とそれに追いつかない心で一貫はしてるんだけど完全にリンクしてるわけじゃないしどちらかを肯定してるわけでもないんだよな…なんかオルタナ完全に理解したわみたいな気持ちで書き始めたのに整理しようとしたら全然わかんなくなってきたわ、わけわかんねーわ。なんやこの話。OVA版のほうがよっぽどわかりやすいわ、青春ってなんだ。

 

それはそれとして不満もあるが

 5話以降のペッツがいなくなる展開があまりにも唐突すぎるよね、伏線自体は貼られてるし状況から心境の推測はできるんだけどペッツ本人は5話までほとんど内面を表に出してないから憶測の域を出ない、1話で照柿(幼馴染と恋人取り合う話)読みながらカナをなじってたくらいか、流石にこれで気がつけは回りくどすぎる。そもそもペッツって別に言いたいこと言わないタイプでもないし、むしろ結構カナにツッコミ入れたり止めにいったりで当たりは強いんだよな。だからこそカナはペッツの闇に気がつけなかったのかもしれんし隠し事は家庭のことだけでそれ以外については普通の女の子ってリアルさは出てるかもしれんが話の展開としてはちょっとわかりづらすぎるような…。まあ実際アイロン出現した直後だし唐突に予定より移住が早まったのはあり得るか…。それこそカナのNO利用するためにストレス与える計画が裏で動いてても不思議じゃないし家族ぐるみで巻き込まれてたなら母親の必死さも理由つくか…?逆に視聴者も家庭の秘密に気がつけなかったカナと同じ視点に立たせて5話を迎えてほしかったのかもしれんが、それやるにはもう尺が足りなすぎたんだよな…。

 6話とかもう説明なさすぎてだいたいなんだよそれなんだけど全部カナに発破かけるための背景でしかないのでもうどうでもいいや、アレで満足です。

 あと4話の位置づけも浮いててよくわからんのだよな、ハル子のスタンスを説明するための回な気もするけど結局OVAと違ってオルタナにおけるハル子はメインヒロインじゃない脇役だからそこはもう説明しなくていいでしょ感は強い。ここにペッツが絡んでれば5話につながって一貫性が出てきそうなもんだけど佐々木とカナとハル子で完結してしまったのが惜しい。

 全体的に後半の展開が雑なんだけど、ぼくが面白かったのも後半なのでこのへんもうちょいなんとかなってれば勿体無いなあという感じ。

  演出とかには特になんもいいませんよ、ないもん求めてもしゃーないでしょ。

 

まとめ

 まあつらつらつらと全然まとまらず思いつくままに書いてしまったけど、あ、全然ヒジリーの話してない、セレブ婚志望は金目当てじゃなくて生存が目的だったのか?とかネックレスへの執着はあったのか?とか…ってまとめに入ろうとしてんのにまだまだ語りたいどうでもいいこといくらでも思いつくし、完全に精神が17歳になって感情を動かされてるし、わからんこと多すぎるし、もうここがつまらんとかここがクソとかそんなんでもいいからいろんな人の意見聴きたいし、もっとみんなにみてほしいなとおもいました、まる!(小学生) (カナ=アトムスク説思いついたとき天才では!?って思ったら結構書かれてた、そりゃそーか)(そうそう代替といえば回想でカナは最初にペッツじゃなくて別の子に声かけてたのもちょっと面白いよね)(無限に語れる)(話が長い)(終わり)